2007年11月11日日曜日

しあわせとは両想い感だ!

「ところで、いま幸せな人〜!」
ミーティングで院生の現状について話していたとき、咄嗟にそう聞かれて、手を挙げたのは大木さんと私だったような気がする。でも、よくよく話していて一番幸せそうなのは、横山さんと岩崎さんと松尾さんだと思う。横山さんと岩崎さんは、「この仕事は自分がやるしかない!」という義務感(←使命感じゃないかなー)に駆られて、忙しくお仕事している様子。まぁ、松尾さんは言うまでもないけど...。私は、片想いかなぁ。研究に自由度は高いけど、その研究自体にどれくらい意味があるのか正直分からないから、使命感があんましない。とよたけくんは、ミッションの中できっと重要な仕事を任されていて、でも自由度が低そうに見えるので、想われてる側だと思う。

ということで、しあわせとは両想い感だ、というのが今回の結論でした。。。
いつの日かの両想いを目指して、がんばろうっと。

4 件のコメント:

イチロー さんのコメント...

おれは数学に永遠に片思いかな.
この絶世の美女はあまりに気高く孤高で,
懸命に口説いてもなかなか振り向いてくれない.
でも,それがいいんだよね.
一瞬垣間見たその笑顔が忘れられない.

数学,それはツンデレ.
(とよたけ)

さんのコメント...

とよたけくんも、数学やればいいのに...

suikyo さんのコメント...

私も片想いだなぁ。
”自分がやらなきゃ誰がやる”と思えるには、きっとまだまだ修行が必要。。

まぁ、個人的には幸せだけどね。

ましゅ さんのコメント...

ちなみに僕は幸せです.何といっても,科学者になるために生まれてきたし,「世界で初めて自分が発見する瞬間」を味わったことがありますから.