2008年2月10日日曜日

サステナビリティ...?

随分と間が空いてしまいました。私の怠慢が主要因ですが、定期的な全体ミーティングが、実質的には行われなくなっているというのも一因です。0to1の運営体制は劇的に変化していて、私はどこが安定解なのか未だ見極められずにいます。

結成当初、サイエンスアゴラという一つの目的に向かって全員が突っ走っていた状況では、プロジェクトミーティング=全体ミーティングでした。現在は、数人規模のプロジェクトが平行して走っており、個別のミーティングやオンラインでの議論が進行しています。活動ペースも、アゴラ前は寝る間を惜しんで議論や作業をしていたものですが、いまはだいぶのんびりになりました。メンバーにしても、一点集中時には新たな人が入りづらいけれど、今ならかなり敷居が低いのではないでしょうか。

アゴラ前後の生活をもう一度できる自信はないけれど、あの頃は「何かを生み出す力」がみなぎっていたと思います。

緩・急どちらかだけじゃ持続可能じゃないと感じているので、緩急つけて続けていくのが安定解かな。

3 件のコメント:

ladylake さんのコメント...

そのとおりだね.

イチロー さんのコメント...

数学者としては,安定解の存在を議論する前に,そもそも解が存在するのかを議論したいところだ.

も さんのコメント...

そこの議論は数学者に任せておきましょう。